スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
礼儀と作法
しばらく前の話ですが、サークルのとある会議中にこんな会話がありました。
内容を簡単にまとめるとこんな感じ。
  Nail「だからー、礼儀と作法って別でしょう?」
  他一同「いやいや、一緒だろう。礼儀作法って言うじゃないか」
  Nail「えぇぇまぢかよ・・・」
今さら何を言うか。とか言われそうですが
お遊びでピアノ弾いていたら、ふと思い出しちゃったので調べてみました。


◆れい‐ぎ【礼儀】
  1:人間関係や社会生活の秩序を維持するために人が守るべき行動様式。
    特に、敬意を表す作法。
    「―にかなう」「―正しい人」「親しき中にも―あり」「―作法」
  2:謝礼。報謝。

◆さ‐ほう【作法】
  1:物事を行う方法。、きまったやり方。きまり。しきたり。
    「婚儀は旧来の―にのっとる」
  2:起居・動作の正しい法式。「礼儀―」
  3:詩歌・小説などのきまった作り方。さくほう。「小説―」


赤&下線は自分がとらえていた礼儀と作法の違いです。
さらにこんなことも書いてありました。


 [用法] 礼儀・作法――「物を食べながら人に会うのは礼儀(作法)に反する」のように、人と接する時の態度の意では相通じて用いられる。
 ◇「礼儀」は対人関係での気配りや敬意、慎しみの気持ちにもとづく行動の規範である。「作法」は対人関係に限らず、礼儀にかなった一定の行動のしかたを言う。
 ◇「年賀状をもらったら返事を出すのが礼儀だ」は「作法」では言えないし、「お茶の作法を覚える」を「礼儀」とは言えない。
 ◇「作法を知らない」と言えば単にその知識がないだけである場合も多いが、「礼儀を知らない」では、敬意や慎しみの気持ちがなく、常識に欠けることを非難する意が含まれてくる。
 ◇類似の語に「行儀」がある。「行儀の悪い子」「行儀よくすわっている」のように、礼儀にかなった立ち居のしかたの意で使う。

長いですが大変わかりやすく解説されてます。
こうして調べてみるとその言葉の他の意味とかも出てきて
けっこう面白いですね。
とりあえず言いたかったのは・・・
「礼儀と作法って別です!OK??」
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2005/05/18(水) 07:56:09 | | #[ 編集]
やばい…礼儀がなってない
EX)ものを食べながら人と会う
2005/05/18(水) 10:21:43 | URL | coty #-[ 編集]
突っ込み忘れた。
>敬意を表す作法
つまり、礼儀とは作法の一種であり、全く同じものとは言えない。
しかし、「作法は礼儀」ではないが、「礼儀は作法」である、ということもできる。
会議中の会話では何を意図して使われた「作法」であり「礼儀」であるかがわからないけども、言葉の狭義を突付いても余り意味は無いような気もする。
言葉として同じか別かであればそれは「別」だろうね。
2005/05/19(木) 05:16:54 | URL | voj #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。