スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
花火大会、花火、流星。
7月27日夜。
おたる潮祭りのフィナーレを飾る花火大会を見に行ってきました。
あんまり人ごみ~も嫌だったので、すこし離れた「旭展望台」から見ることに。
旭展望台についたのは始まる10分ちょっと前かな?
それでも展望台は、既にそのキャパシティを超えつつある人で賑わっていました。
目の前に背の高い男性+女性*2が居て、「こりゃ見えんな・・・」と思ってたけど、
始まったら一応しゃがんでくれた。
僕たちも後ろの人が見やすいようにと中腰になるんだけども、
やっぱ中腰はきつい・・・(ー`;;
まぁ他にもいろいろあって、30分くらいで脱出・・・。
結局あまり見えなかったし、あんなに辛い中見るのも勘弁!
花火大会の規模も微妙だったし。
なにせ打ち上げてる時間より休憩時間のほうが長いんじゃないのってくらい
一々間を空けて打ち上げるから、
「もうっ、そんなならいっそのこと全部いっぺんに打ち上げればいいじゃない!」と思ったw

そんなこんなで小樽を後にして、手稲に戻って晩御飯。
初めて行った「~~食堂」。
その地区の地名を店名に取り入れるのが特徴の、
ここ2年くらいで急速に札幌にも進出してきた店です。
食堂だけあって、外食なのに外食じゃない感じ。しかも安めなのが嬉しい。

ほっけフライと肉じゃが、ご飯と味噌汁でお腹を満たした後、
なんとも言えない思いで終わってしまった花火の雪辱を晴らすため、
激安の殿堂で999円の花火セットを購入し、いざ近所の公園へ。
65本入りの手持ち花火を1.5時間かけて二人だけで消化。
消火用の水入れは、部屋にあった空き缶で作った。

小樽の花火より全然楽しくて、あっという間に終わってしまった感じがしました。
もちろん、線香花火もやったけど、風が強くてかなりきつかったw
KC350015.jpg
ちなみにこれは線香花火っぽいけど、袋にSPARK!!!とか書いてる代物。

--------以下、のろけ(ー`*--------

花火が終わって、おもむろに大きめのベンチに仰向けでねっころがる僕の彼女。
最初、なにしてるんだろうと思ったけどすぐに星を見てるんだな~って気がついた。
僕も隣にねっころがって空を眺めた。

するとどうだろう。
突然空に、今まで見たこともない大きさの流れ星が流れた。
流れ星といえば「ひゅん、ひゅん」とすぐ消えてしまうイメージだったのだけど、
その時みたのは全然違う、点じゃない、光の塊が飛んでいって消えた・・・。
それは大気との摩擦で燃えて、その煙までも鮮明に見えるくらい大きかった。

二人とも一瞬言葉を失う。

突然の出来事に少し遅れて理性が戻ってくると、二人ではしゃいだ。
「あんなのは見たことがない!すごい!」

その時僕は、運命を感じられずにはいられなかった。
もし彼女が小樽の花火を途中で帰ろうと言わなかったら、
もし彼女が二人で花火をしようと言わなかったら、
もし彼女が星を眺めるのが好きじゃなかったら、

あの流れ星は二人で見られなかった。
とても幸せな気持ちになった。

後で思えば思うほど、泣きそうなくらいそんな気持ちが強くなった。

・・・つづく。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ニヤニヤ(´∀`)
ニヤニヤ…ふふふwごちそうさま♪
2008/07/29(火) 01:20:23 | URL | こ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。