スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
RML #6 合格!!
検定合格しました!
その流れを書いてみたけど長くなってしまったので追記にしました。
本当に長いです。興味ある方はどうぞ(ー`
9:10・・・
検定集合時間の20分前、俺は自動車学校の受付にいた。
目的はもちろん、二輪の検定試験だ。

9:40・・・
集合場所の2階第2教室には6人の若者がそれぞれ席に着き、
教官は今回の試験についての説明を、
古めかしいオーバーヘッドプロジェクターを使い進めていった。

10:15・・・
二輪の教習待合室には、今回の検定を受ける二輪メンバーの他に加え、
普通自動車の仮免許検定を行う人達が大勢おり、
その人口密度のせいか、検定を前にする緊張のせいか、
暑苦しくもピリピリした雰囲気となっていた。

10:40・・・
検定開始。
俺はBグループの1番手。
回路は第1回路。・・・ばっちりだ。
前日までのイメージトレーニングのおかげで道順での不安は一切無い。
あとは練習通り走り切るのみ。
発進。
左右から特に後方の安全を確かめ、アクセルとクラッチの連動動作により車体が動き出す。
ぐるりと中道に入り、最初の障害、一本橋。

一本橋の台の上に上がる、強めながら必要最小限のアクセルで一気に台の上に乗せる。
そこからはクラッチオープン、アクセルを切り、バランス走行。
しかし、いつものように安定しない。
ニーグリップをしっかりしているつもりなのだが、どうしてもぐらついてしまう。
早くもピンチに立たされる。
なにせ、一本橋から脱輪するとその場で検定終了だ。落ちるわけには行かない。
そこで作戦変更をすることにした。
ニーグリップはそのままに、ハンドル制御に重点を置く。
そして、ハンドルを固定しようとせず、あえてわずかに左右に振った。
こうすることで、身体が常に少し動いているため、
多少バランスを崩しそうになっても、すぐにカバーできるというわけだ。

続いてS字、これは楽勝・・・。と思ったのも束の間、
なぜかアクセルワークが思ったとおりいかない。
なにせ最後にバイクに乗ったのは一週間前だ、無理もないと言えばそうかもしれないが・・・。
とにかく、なんとかS字をクリアする。

次は、クランクだ。
クランクは過去の教習中に2度転倒をしている危険箇所。
その両方が、曲がっている時に失速してバランスを崩すパターンだった。
しかし今回はスムーズに抜けることができた。
その時に気付く。
「こいつ、いつも教習で使っていた赤いCBとはパワーの伝わり方が違う。」
そう、今回の検定で使っているのは青いCB。
見るからに青のほうが新しく、シートもヘタっていない。
そのおかげか、パワーの伝わり方、足つき性など、
同じバイクのはずなのに細かい個体差が生まれている。

検定は続く、次は急制動。
40km/hまで一気に加速し、パイロンを過ぎると同時に急ブレーキをかけ、
一定距離以内で停止する。
最近の検定ではこの急制動で前輪をロックし、転倒する人が続出していたらしい。
しかし、そんなことにいちいちビビっていたら指定距離内で止まることが出来ない。
俺は一気にブレーキをかけた。
・・・・・・・・。停止。指定距離までのこり30cmというところ、なんとか止まることが出来たようだ。

さらに、踏み切り、指定速度、坂道発進を越え、
最後の難関、スラロームへと突入する。
はっきり言って、スラロームは苦手だ。
車体をうまく倒せないし、アクセルワークも微妙。
教官はリズム感が大事だと言っていたが・・・。
しかしここまできてそんなことを考えていてもしょうがない。
多少タイムをオーバーするとしても、
パイロン接触や足つきなどをして検定中止になるよりはましだ。
自分のペースで通過した。
途中、やはりアクセルワークがうまくいかず、不本意なルートを通ることになったが、
なんとかなっただろう。

検定終了。

11:25・・・・。
合格発表を前に、ざわめく待合室。
他のメンバーとも話したが、楽勝だったという人もいれば、
俺は落ちた・・・。と諦めかける人もいた。

結果・・・・。
合格者受験番号・・・1、2、3、4、5、6。
全員合格だ!
メンバー全員が喜びの声を交し合う。
やはり、バイクはいいな、と思った。
同じバイク乗り(を目指す者)として、なにかしらの共通意識があり、
初めてあったはずなのに、仲間意識が芽生える。

そのあとは昼過ぎまで手続きやら説明を聞き、解散となった。

あとは手稲の試験場で免許交付をうけるのみとなる・・・。

Road to Motorcycle License、終了!!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。