スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
1156kmの旅、その3
さてさてお待ちかね!ゼミ旅行三部作完結編です!
3日目は中標津のキャンプ場を出発し網走方面へ向かうところから始まります・・・。

<最終日の朝>
3日目は昨日の反省を生かして早めの起床。
朝ご飯は例によって用意していないので先生が用意してくれたコーヒーを
仕方なしにありがたく頂く。刺激が強いと何も入っていない胃がきついので
砂糖とミルク*2を投入して。ごちそうさま~!
キャンプ場を出発した一行は北へ進路を取り、網走を目指します。
道は片側一車線の細い道だけど峠ほど走りにくいわけでもなし。
俺はこの日の最後、帰札ロングランに向けて助手席へ乗り込みました。
さて、最初の目的地「オホーツク流氷館」で小休止。
ここではマイナス18度の極寒を体験できるコーナーがありましたが、
その他いろいろ有料だったので華麗にスルー。
結局屋上の展望台から次の目的地「網走監獄」を確認して20分ほどで出発。
この時点で時刻は確かお昼を過ぎていましたが、
「途中コンビニ寄りましょう」の声も先生には届かず。
まっすぐ網走監獄へ入獄することになりましたw

<奇妙な人形がいっぱい!網走監獄>
時間も時間、このままでは帰札は夜中になってしまう。ということだったので
網走監獄はサクッと回って次を目指そう!と言っていたのにもかかわらず、
いつの間にか開拓時代からの歴史に引き寄せられ、じっくり見て回ってしまいますw
特にお土産とかは買わなかったんですが、入獄の際に撮った写真が思い出として残りました。
(写真はゼミ室に飾ってあります。)
監獄の、そして網走の歴史ロマンを満喫?し、出獄したのはもう夕方。
陽が傾き始めています。

<「どうだ?つるつるだろう」>
運転手を交代し、今回の旅行の最終チェックポイント「つるつる温泉」を目指します!
つるつる温泉、場所は忘れましたがその名のとおり
お肌つるつるの効能の他、いろんな内臓(胃にも)にも良いそうで。
飲むことができるということでコップ一杯がぶ飲み!
味のほうは・・・ちょっと甘い?
硫黄系の温泉でほんのりとした甘さとかすかな鉄っぽさがあった気がします。
昨冬に行った「豊平峡温泉」も飲めたんですがあそこはかなり飲みにくいのに対し
こちらは非常に飲みやすい温泉でした(ー`*
入浴後、休憩室でくつろいでると先生がしきりに「つるつるになっただろう」と
尋ねてくるので実感はなかったけどとりあえずそういうことなんだろう。と
「いやぁ~つるつるすべすべっ!かなり気持ちよかったですy」
とかなり適当な返答をしたりしましたが温泉気持ちよかったのは確かですよ、先生!

<西へ・・・>
この時点で外は真っ暗。ここからいよいよ帰札ロングランのスタートです。
この日の走行距離の半分以上がこれから走る道。
温存していた体力と温泉パワーで走りきることを誓いました。自分にw
ぶっちゃけ、なんつー道を通ったのかは気にしてませんでしたが、峠に突入!
こういう場所は大抵追い越し禁止で前に遅い車がいると詰まりがちなんですが
なんと先生、前にいた遅い車をトンネル内で追い越すという暴挙に出る!
先生さすがにそれはできないっす。俺はルールを破れない男なんです・・・。
と心の中で叫ぶがそんなのお構いなしw
あっという間に見えなくなる先生カー!
俺は仕方なく遅い車の後ろをたらたら走っていたのですが、
途中俺の後ろの車が急加速して2台まとめてぶっちぎり!怖い世の中です。
そのうち、「そろそろ(先生カーから)電話来るんじゃね?w」と話していると
まさにそのタイミングで先生カーの搭乗員から電話。これはテレパシー・・・!?
で、話によると
「ゆっくり目で走っているから少し先にある追い越し可能エリアで
前を走るとろい車をぶっちぎれ!」とのこと。
アイアイキャプテン!お安い御用です!
そこならサクッと追い抜いてやりますぜっ!てことで追い越し可能エリアでフルアクセル!
対向車が向かってくる前にゆっくりともとの車線に戻ります。
これで追い越しは完了。あとは先生カーに追いつくだけ。
法定速度+??km/hでかっ飛ばし追いつくと、先生もよし来たとばかりに加速。
気持ちのいい山間高速クルージング・・・!と思いきや、峠にありがちな急な濃霧。
こりゃいかんってことで安全な速度に落とし走行。
だけどこの霧は頂上を越えたあたりですぐに消えてくれました。
峠を降りてしばらく行くとそこは旭川。実はまだ半分も帰れてないのです!

<旅の終わり>
旭川のコンビニで小休止がてら、おにぎりと飲み物を購入。
時間的には大学に着くのは次の日だろう。な時間帯。
さすがに先生は高速道路の利用を提案。断る理由も無く、承諾。
といってもお金かかります!ってことである程度札幌付近までは下を走ることに。
旭川のコンビニを出てからまた1時間ほど走っただろうか。
先生カーがまたコンビニの駐車場へ。
トイレかな?と思ったら作戦変更の会議でした。
会議により予定より早めに高速に乗ってぶっ飛ばそうってことになり、
近くのインターチェンジへGO。
上はさすが夜の高速。車も少ないし快適です。って先生飛ばしすぎ!
ドライバーが俺でこの車の運転慣れてるからいいけど他の人だったらきついよ!
なスピードでかっ飛ばす先生についていく。う~ん気持ちいいw
あっという間に札幌に突入した2台はそのまま新川ICまで上を走り、そこから大学まで20分ほどで帰還しました。
到着時刻は忘れましたが日付が変わる前だったような後だったようなw
先生の荷物やゼミからの荷物をゼミ室に投げ捨て、解散なりました。みんなお疲れ!
解散後は二人の仲間を家まで送ってから帰宅。西区>清田区>豊平区。札幌横断!w
着いたときには2時をまわっていたと思います。疲れたよ~~!
ってことで即寝たんじゃないかと。忘れたけど(ー`

<完>
総走行距離:1156km

はい、全部呼んでくれた方、ありがとうございました!
写真も無く読みにくい文章を最後まで読むのは正直大変だったんじゃないかと思います。
が、それ以上に大変な旅だったのです!
書けなかった事がいくつもあります。それだけ、俺にとってはいい旅でした。
またいつかこんな旅をしてみたいものです。
その時は是非!一緒に行きませんか?w
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
つるつる温泉は留辺蘂よん。
滝の湯よん。
今は北見よんorz

網走監獄ってことは、五寸釘さんを見てきたのかw
2007/10/08(月) 02:09:27 | URL | こ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。