スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
GvG始めました
ついにうちのギルドも待ちに待ったGvG参戦の時がやってきました。
初戦の相手はRank3823の日本人ギルド。
マップは相手側のホーム「死者の島」でした。
双方バランス方のBuildだったけど、序盤にこちらがフラッグを2分キープし士気上昇。
相手側も諦めずに旗を置きに来るがこちらの妨害のほうが勝り、徐々に敵陣へ追い詰めていく。
一度下見した事があるとはいえ、本番では守りにNPCアーチャーやボディガードが配置されていた。
それらを着実に潰し、前進。
ついには敵の総大将NPC「ギルドロード」がいるホールまで攻め込み、
その場にいる敵を掃討しつつ敵ギルドロードにもアタック。
終始良い流れを保ったまま試合を進め、初戦を勝利で飾った。

調子に乗って第2戦目。またしても日本人ギルド。
今度はこちらがRank格下だったため、こちらのホーム「灼熱の島」で戦うことになった。
こちらのホームといっても実際に戦うのは全員初めて。
不慣れながらも、フラッグ先制しようと溶岩地帯を渡り、まっすぐにフラッグタワーを目指す。
相手の構成で特徴的だったのはスマイターと呼ばれるBuildのE/Moがいたこと。
それと3W+ペットの数多い前衛だった。
スマイターなんて聞いたこともなかったので、リーダーが「E/Moがスマイター!」と叫んでも
何のことだかさっぱりわからなかった(ー`;;;
   後で聞くところによると、スマイターとは・・・・
   バルタザールオーラやジーロットファイアを味方Wにかけ突撃させ、
   範囲ダメージを継続的に与えることができるポジションだとか。
   確かに戦闘中バルタザールオーラのダメージを受けていたのでなるほど納得。

試合の方はフラッグタワー周辺で押し引きするも、敵が先に士気上昇。
こちらはそれを崩すことができず、一度本陣まで攻め込まれるが
敵アタッカーがこちらのギルドロードを狙うことしか考えてない感じだったので何とか押し戻す。
しかしその後も1人2人と味方がやられ、ついにはヒーラーが1人戦線復帰不可能に。
Victory or Death(サドンデスのようなもの)まで粘るが、そのまま押されて敗北となった。

結果的には1勝1敗。レートは1000に戻った。
にしても、GvG面白いですわ~。トーナメントでIWAYに轢かれるよりよっぽど面白いw
IWAYにがんばって勝つのも面白いけどね~w

そしてこのGvGからちょこっとマイナーチェンジした俺のBuild
gw131-1.jpg
5のエグゼキュショナーストライクをインデュアペインに変更。
狙われた時に使用することによって格段に生存率が上がった。
瞬間的な火力はちょこっと下がるが、体感的にはほとんど気にならず。
でもシャドウストライクのフォーカスが飛んできた時はさすがにインデュアペインを使用する暇なくやられたw

そうそう、明日から一泊二日で高校時代のテニス部の仲間と旅行に行ってきます。
旅行っつっても・・・まぁ行ってきますw
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。