スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
戦いの果てに
ついに戦いは終わった。
5つの戦場はそれぞれ厳しいものであったが、このうちの4つは大勝できた。
だが、戦場で優位だったものが必ずしも勝者になるとは限らない。
最後の詰めを怠ってはいけない。
これからが本当の闘いなのだ。

そんな中、Nailはあるゲームを手にした。
「ギレンの野望 アクシズの脅威」
知る人ぞ知る。ガンダムゲーム界における最大級の戦略シミュレーションだ。
初プレイは好きなキャラクター「シロー・アマダ」が所属する地球連邦軍だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ゲームを始めて3時間・・・。17ターン目で最初のゲームオーバー。
わかっていた。
俺は前線で戦うひとりの雑兵。ただ目前の敵を倒すことだけを考える。
小隊の指揮はできても、司令官などというものには向いていなのだ。

しかし、敗北からも学ぶことを忘れないのが真の兵。
今回の敗因は、
・軍事技術の開発を急ぐあまり、実際の戦力を増やすことができなかった。
・そのため、本拠地及び拠点の防御に必要なはずの戦力が十分ではなかった。
・自軍・敵軍の各ユニットの特徴を理解していなかった。

であると考えられる。

これらを考慮した結果を踏まえて、EASYモードで2回目のスタート。
まず、防衛に必要な戦力の確保からはじめる。
開始からまもなくで生産でき、対MS戦に使えそうな兵器「デブロック」。
「デブロック」は爆撃機だ。
射程が1~2の攻撃を持つため、敵の1グループに対して集中攻撃がしやすい。
これを大量生産することで序盤の敵の侵攻を食い止める足掛かりとする。
しかしこれだけでは空対空の戦闘が行えないため、
敵性航空機「ドップ」などが現れた場合に備え、制空戦闘機「TINコッド」もある程度生産することにした。
これらは生産コストが安いため、序盤から大量生産の態勢をとっていれば、
敵が侵攻してくるころには正に「物量で勝る連邦軍」な感じが出ているはずだ。
こうなれば、多少の被害を出しつつも敵MSからジャブロー総司令部を防衛できると考えた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しかし現実は甘くはなかった。
25ターン目。2度目のゲームオーバーを見る。
敵の侵攻に備えて多数の航空機及び少数のMSからなる戦力を蓄えた。
しかしそれでも、防衛のための戦力は十分ではなかったのだ。
今回の敗北から得たことをまとめる。
・航空機が主力では多数のMSを相手にした場合、有利になることは難しい。
・序盤に航空機を過剰に生産していてはいざMSが生産できるようになっても資金・資源が足りない。
・拠点防衛のため、戦力を拠点に集中させていてはいざ攻め込まれた時に、
 その拠点において生産が行えなくなるため増援部隊を送れない。

以上の通りだ。

つまり次回プレイで気をつけることをまとめると、
序盤は敵の侵攻を食い止められる必要最小限の戦力を敵の侵攻ルートに置き、時間を稼ぐ。
・過剰なユニットの生産は行わず、敵軍の戦力に合わせて随時MSを開発・生産。
・主力となりうるMSの量産化が完了するまで資金・資源の消費を極力抑え、量産化が可能になった後にMSの大量生産を行う。

これならばいけるかもしれない。
しかしここで重要なポイントが、「敵の戦力を見誤らない」ということ。
まぁこれが一番難しいのだが・・・。

今、この2回目のプレイを終えたばかりなのでこの先はまた今度ということになるが、
次回は良い結果を報告できるよう努力したいと思う。
また、俺は戦術には自信があるが戦略は得意ではない。
数々の戦争をくぐり抜けてきた諸先輩方にはつまらない内容かもしれないが、
素人の四苦八苦する姿をご笑覧しつつ、アドバイスなどもいただければ幸いである。

今回の報告は以上だ。
スポンサーサイト
第一次ネーロイムス戦争終結
PA0_0020.jpg
はい。クロムハウンズのオンラインモード「ネーロイムス戦争」の第一次大戦が終結しました。
だいたいの流れはこんな感じ。
第一次ネーロイムス戦争勃発
        ↓
シャルカールがタラキアを滅ぼす
        ↓
タラキア復興→滅亡→復興→滅亡を繰り返す
        ↓
モルスコイにアメリカ人部隊が多数入り、モルスコイ有利に展開
        ↓
モルスコイがシャルカールを滅ぼし、いつの間にか復興していたタラキアを滅ぼしてネーロイムス地方を統一

開始から2週間ちょっとで第一次が終結です。思ったより早かった。
まぁアメリカ勢が入ってくる頃にはタラキア落ちててアメリカ勢ほとんどモルスコイに
きたっぽいのが決め手になっちゃったのかなぁ。
とりあえず、すでに第2次ネーロイムス戦争が始まっていますw
ショップや手持ちパーツはリセットされず、領土と大統領選挙だけがリセットになったらしい。
ちなみに我が「BUSHIDO1」スカッドは引き続きモルスコイで戦っていくことになりました。


そいでね、そろそろ愛機の自慢をしたいな。と思うんですよ。
俺は基本的にスカウトをやってます。スカウトといっても攻撃的スカウトかね。
偵察、敵陣強襲・錯乱、拠点破壊。なんでもやるスタイル。
どんな機体かというとこんな感じ。
PA0_0022.jpg
搭載兵装:ショットガン4基、迫撃砲(発煙弾)1門、サーモセンサー、NAジャマー
正面からの被弾率を下げるためにパーツをコックピット後方に固め、
超近距離戦闘時に与ダメージを敵の1パーツに集中させるためショットガンを束ねて配置。

主兵装のショットガンは他に使っている人ほとんど見ないんだけど、
俺的には対HOUNDも拠点攻撃もできる高性能武器。ただ装弾数は少ない。
対HOUNDでは発煙弾を射出し敵の目をくらまし、自分はサーモセンサーで敵を捕捉、
一方的に攻撃を行うことによって被害をほぼ0に抑えつつ戦える。
発煙弾は他にも逃走や敵スナイパーの攻撃からの味方の保護と活躍する。
拠点破壊に必要な弾数は90発弱くらい。つまり20回ちょっと一斉射すれば落ちる。
拠点攻撃開始から破壊までの時間はほぼ一分で、これは全武器中トップクラス。

まぁ、チームの作戦的に、高速で対HOUNDができ、さらに拠点をすばやく落とせる
というむちゃくちゃな機体を要求された結果たどり着いたのがこの構成でして。
でもまぁ使ってみると俺本人との相性も良いらしく、使い始めてから戦績が上がったり。


しかし、対戦時に実績を見られ、「あ、こいつホバー使いだ。スカウトだね。」
と、敵にばれるとなにかと厄介なので多脚の実績も取る事にしました。
そしてやはり多脚=ヘビーガンナーというわけで使い始めたのがこの機体。
PA0_0021.jpg
いつものスカウトとは対極の存在であるヘビーガンナー。
重厚長大が特徴のモルスコイらしいヘビーガンナーだと思う。巨砲はつけてないけどね。
モルスコイ製多脚とモルスコイ超大型コックピットの組み合わせは正に移動砲台。
そして、こいつの主兵装はモルスコイ製ライトアームズの曲射砲6門。
これを2門ずつに分けて撃つことにより射撃精度を向上させる工夫をしている。
移動速度こそ最低ランクだけど耐久力は半端じゃない。
スナイパーキャノンを被弾してもびくともしない頑丈さ。
マシンガンなど弾く弾く。かすり傷にすらならん。って感じ

と、語り始めると止まらなくなりそうなので今日はこのくらいにしておこう(ー`;
とにかくだ。
「タラキアやシャルカールの骨っ子ども!!俺様の超火力の前にひれ伏すがいい!!!」
的な遊び方もなかなか楽しくて悪くないということだw
クロム鯖改善
クロムハウンズの鯖問題が改善されて、もうログイン戦争しなくてすむようになりました!
これで夜遅くに帰っても安心して戦場へ赴けます。
SSは機器の問題でなかなかうまくいかないのでもうしばらくお待ちを。
はまってしまってわんわんわわん
なににはまったかってそりゃぁ

クロムハウンズ           ・・・・・のログインorz

クロムの鯖が貧弱なのか人数制限がかけられてて
混みだしてくるとログイン合戦になります。
ログインできるまでひたすらトライ、ひどい人なんか
3時間も4時間もログインし続けてようやくは入れたらしい。

まぁ、まだSS載せる余裕はないですよ。とw
近いうちに載せようとは思いますが・・・。自分の機体自慢したいじゃーん(ー`
ふーむ
リネ復帰しようか。とは言ってみたものの、
聞いたところによると生は萎えて他ゲーもしくは別キャラでやっているようだし、まいったなぁ。
復帰して何しよう?Lv上げ?今さらLv上げかぁ・・・。
めちゃくちゃ効率のいい狩り方もでてきたらしいけど、75を目指すにはホントに今さら感がある。

来年になったらGuildWarsに手を出すかもしれない。つーか出す予定。いや出すわ。

それから考えても遅くないかな。と思うよ。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。